不登校になってから通信制高校に入りなおしました

両親の仕事の都合で海外で生まれ

両親の仕事の都合で海外で生まれまだ不登校を完全に克服できていませんが

両親の仕事の都合で海外で生まれ、中学に入学するまでずっと海外暮らしをしていました。
両親が日本語を話すので日本語に関しては問題はありませんでしたが、友達との付き合う距離に関して難しさを感じていました。
私の表現の仕方が日本人とは少し違うことからからかわれることも多く、疎外感を感じることも多くなりました。
今まではいつも多くの友達に囲まれていて、学校は楽しい場所だという印象が強かったのに、日本に帰ってきてからはストレスがたまることが多くなりました。
しかし学校に行くのは当然だと思っていたので無理して登校していたら、ある時、母親がびっくりした表情で頭にハゲが出来ていると言いました。
鏡で見てみると500円玉大のハゲができていて、すぐに病院に受診するとストレスが原因だろうということでした。
カウンセラーを紹介してもらい、話を聞いてもらっているうちに泣きだすことも多くなり、それだけストレスがたまっていたことが自分でもわかってびっくりしました。
心にためていたことを吐き出すと、もう学校に行くのが嫌でしょうがなくなり、不登校になってしまいました。

通信制高校比較.com通信制高校の選び方と手順|楽々比較術・資料一括請求術