不登校になってから通信制高校に入りなおしました

まだ不登校を完全に克服できていませんが

両親は不登校になっても文句を1つも言いませんでしたし、行きたいときに行けばいいと言ってくれたので救われたような気持ちになりました。
その後も中学を卒業するまで不登校を続け、高校は通信制高校を選ぶことにしました。
まだ家から出たくないという気持ちがあり、でも勉強もしたいという気持ちがあったからです。
通信制高校なら大学入学試験を受験する資格も得られますし、自分のペースで勉強できることに魅力を感じたからです。
通信制高校の先生が提出した課題を添削してくれますし、自分が勉強したい部分を集中的にできるのも良かったです。
定期的に通信制高校では外で行われるイベントもありますが、少しずつそれらにも参加できるようになりました。
まだ不登校を完全に克服できていませんが、通信制高校に通っていることによって外部との接触が続けられていると感じています。

両親の仕事の都合で海外で生まれまだ不登校を完全に克服できていませんが